電話注文・問い合わせ先  076-221-0308

漬物に。
ピリ辛、特有の香り。

二塚からしな

11月上旬~3月下旬 / 金沢市二塚地区
冬に、なぜかクセになる野菜!漬物や煮物で食べるとピリ辛と特有の香りが美味しい。冬の食卓に自然と加えたくなります。つい何度も箸を伸ばしてしまう、金沢市民が大好きな冬の野菜です。
大正から昭和30年代後半まで、金沢市二塚地区で、稲刈り後の田んぼに緑肥として栽培していました。一部、冬や雪解け後に収穫し、冬に欠かせない野菜として大切にされてきたと伝えられています。

からしな漬けは、ピリ辛がクセになる

まずは、ピリ辛がクセになるからしな漬けで。金沢市民にとって、からしなイコールからしな漬けのようなところがあり、なぜか買い物かごに入れたくなる野菜です。あまり料理の幅がない野菜ですが、今では様々な活用法も生まれており、より楽しめる伝統野菜になってます。

堀他の販売員のコメント

より本能に訴える伝統野菜ですね。はっきり言って「ピリ辛漬け」しか用途がない気もしますが、それでも金沢の主婦がついでに買い物かごに入れていきますし、ないと「からしなはないの?」って聞かれるんですよね。なぜか冬に欲しくなる、不思議な野菜ですね。

主な栄養

栄養価の高い野菜で、ビタミンA、カロテン、カルシウム、カリウム、リン、ビタミンCが豊富で、他の栄養素もまんべんなく含んでいます。 苦みの成分はシニグリン。漬け物にするとビタミンCは減りますが、ほかのビタミン類やミネラルはかえって増えて栄養価は高くなります。

保存方法

湿った新聞紙につつんで冷蔵庫にいれてください。

- 加賀野菜 15品目 -