電話注文・問い合わせ先  076-221-0308

シャッキリ&モッチリ。
深い深い風味。

加賀れんこん

8月下旬~5月中旬 / 金沢市小坂地区、河北潟干拓地など
シャキシャキ食感とモチモチ食感がバランスよく融和し、味わいは重層的で奥深いれんこん。煮物・天ぷらはもちろん、蓮蒸し・すり流し汁などの伝統料理にしても、もちもちな食感と深い風味が味わえます。でんぷん質が多く、ネバネバ成分を含み、粘り気をもちます。肉厚で、れんこんの中では穴が小さいのも特徴。
石川県でのれんこんの栽培は、加賀藩五代藩主前田綱紀のころからと伝えられています。明治20年代、商品性が注目され、「小坂蓮根」と呼ばれるようになりました。今では森本地区、河北潟干拓地まで栽培が広まり、一大産地となっています。

加賀伝統料理、はす蒸し。

加賀れんこんは、すりおろしてからが楽しくなります。ネバネバ成分を多く含み、握っただけで固まってくれます。そのままお味噌汁の具にしたり、郷土料理のはす蒸しにしたり、創作料理にも活用できます。特にはす蒸しは県外からくる観光客にとっても人気があります。

堀他の販売員のコメント

私は加賀れんこんは、七色のれんこんだと思っています。味がとても重層的なんですよね。おいしいれんこんは他にもいっぱいありますが、加賀れんこんの味は七色。しかも料理の仕方によっても変化します。だから、ほかのれんこんがどこか物足りなく感じるんですよね。加賀野菜人気ランキングで1位、2位を争う人気ものです!

主な栄養

糖質、澱粉、食物繊維、ビタミンC、カリウム、鉄を含みます。また、ネバネバ成分を含むのも加賀れんこんの個性。だんご汁を飲むと母乳が出るようになり、しぼり汁を飲むと胃潰瘍や十二指腸潰瘍に効果があるといわれます。おろし汁をガーゼなどに湿らせて、鼻に詰めると鼻づまりに効果的で、アクの成分であるタンニン、ビタミンCがコレステロールを減らす働きをします。

保存方法

泥が付いたままの状態で、濡れ新聞でくるんで涼しい場所に置いておけば10日ほど持ちます。

- 加賀野菜 15品目 -