電話注文・問い合わせ先  076-221-0308

甘くしっとり。
彩のアクセントに。

打木赤皮甘栗かぼちゃ

6月中旬~9月上旬 / 金沢市打木地区
とっても色鮮やかで、目でも味わえる加賀料理に欠かせない赤かぼちゃ。食感はしっとりしており、名前の通り、栗のような甘さが特徴です。ポタージュや煮つけ、天ぷらにすると、甘くて美味しい。スイーツの材料としても楽しめます。鮮やかな赤色は、料理の彩りのアクセントとしても力を発揮。一般的なえびすかぼちゃより小ぶりで、皮も柔らかい。なんとも愛らしい形と大きさ、そして鮮やかな紅色のかぼちゃです。
昭和8年、金沢市打木町の篤農家・故松本佐一郎氏が、福島県から赤皮栗を導入し、選抜、育成したのが始まりです。当時のかぼちゃとしては、鮮やかで美しく、果肉が厚くて甘いことから、関西・関東方面にも広まり、料理の彩りとして親しまれました。

料理に彩。栗に似た甘さ。

まずは、煮たり天ぷらにしたりして、料理に鮮やかな朱色を添えてみてください。加賀百万石の食文化の一端を感じられるでしょう。また、一般的なかぼちゃに比べ、しっとり食感とまるで栗のような甘さが特徴。ポタージュにすると、伝統野菜としての甘栗かぼちゃの、クリーミーな味わいと風味を楽しむことができます。

堀他の販売員のコメント

「料理を目でも味わう」という、食の文化性に強くかかわっているという印象をうけます。はっきり申し上げまして、緑色の一般的なかぼちゃの方が、より多くの人々のお口に合いますし、料理も簡単です。さらに、値段もお手頃。それでもまだこのかぼちゃが続いているのは、料理は目でも味わうという加賀料理の伝統という地盤があるからなのかな?と感じます。一般人より、料亭の方に需要があるかもしれませんね。

主な栄養

果肉に多く含まれるカロテンは腸内でビタミンAに変化し、目の疲れを癒し風邪を予防する効果があります。また、ガン予防や成人病の予防の効果もあるといわれています。フライパンで炒った種にはリノール酸が含まれており、動脈硬化の予防になります。

保存方法

冷暗所でならば、2~3ヶ月は保存可能。カットした後は長くはもちませんので、冷蔵庫の野菜室で。できるだけ早くお召し上がりください。

- 加賀野菜 15品目 -