本日、ヘタ紫なすの初競りが行われました。

早速ニュースでもやってましたね。

我々堀他もヘタ紫なすは販売しております。

さっそくオランダ煮にして食べてみました。

オランダ煮といっても、まぁ普通の煮物とほとんど同じですが、やはりナスなので、しっかりあく抜きして、煮たらおろしショウガと合わせてパクリ。

うん、うまい!

味も、しっかりナスのジューシーさを残しつつ、なじみやすいコクとより少ないクセがいいですね。

皮が薄く、中の果肉はしっかりと歯ごたえが残り、食感も最高にいいですね。

そしてこんな一面も知ってますか?ヘタ紫なすの煮物は2日目からが美味しいんです。

一日寝かして次の日食べると、何とも言えないコクが出るんですよ。

さらにオススメするなら、やはり漬物ですね。薄い皮のわりに漬けてもふにゃふにゃにならず、噛むとキュッキュッと音がします。


しかしニュースでは、こんな悲しい一方も。

なんでも、ヘタ紫なすを出荷する農家が今では2軒しかないのだとか。

実際に販売している大和店のスタッフによると、やはりそれほど売れないのだとか。

小さいから割高に感じられてる様子がお客様から見受けられ、そしてやはり知名度が低いのが気になるとのこと。

しかし皆さんが味を知れば絶対に売れるべきものである確信もあるとのことです。


ヘタ紫なすを食べられるのは、金沢市民の特権です。

みなさん、ヘタ紫なすを見つけたら、ぜひ食べましょう!