五郎島金時 ネットで販売中!

美味しい五郎島金時

秋が次第に深まり、少しずつ寒さが身に沁みだしてきましたね。

加賀野菜の代表格のさつまいも「五郎島金時」のネット販売が本格的にスタートしました。

五郎島金時は夏からすでに出荷されていましたが、さつまいもの中のでんぷん質が糖分に十分変化せず甘さも不十分であったため、ネット販売は控えておりました。

秋とともに五郎島金時の甘さも深まった今、ようやく全国の皆さんへお届けできる状態となり、ネットでの販売を開始しました。

HORITA(公式オンラインショップ)

もう少しばかり五郎島金時のお話を。
ホクホク食感で人気の高い金時系さつまいもで、全国的にもっとも知名度があるのは「鳴門金時」ですね。口に含んだ瞬間にあふれるあの甘さは大したものです。

では五郎島金時は?
実は五郎島金時は、高系14号という品種で、鳴門金時と同じなんです。もちろんそれぞれ品種改良されてはいますが。でも、甘さや食感の基本は同じ。それなのに、産地、農法が異なるだけで、味わいも随分ことなってくるのが不思議ですね。

五郎島金時は、鳴門金時ほど明るい甘さはありません。しかし、甘さの質や奥深さという点においては五郎島金時の方に分があるのではないかと思っています。だから、五郎島金時を食べるときによく噛めば噛むほどじわじわ甘さが広がります。そして風味ですね。さつまいもらしい、とか、どこか懐かしい、と表されることが多く、確かにその通りだと思います。なんか、いろいろ思い出す味なんですよね。

五郎島金時が受け入れられているのは、生産者たちが、量より質にこだわっているから。全員一丸となって、スプリンクラーを活用したり、キュアリング施設と呼ばれる保存庫を導入したりなど、安定した質を保つ努力を全員で足並みをそろえて行っていると言います。

さつまいもが欠かせない季節になってきましたね。食べたことある人もない人も、五郎島金時の上質な味わいをご堪能してみてください。