2017年08月19日(土) 雨のち晴れ

昨年よりも2週間近く遅れたルビーロマンですが、いよいよ旬を迎えて出荷量が増えてきました。

今年はルビーロマンだけでなく、全国的に野菜や果物の成長が遅れ気味のようです。主な原因は大雨とそれによる日照量の不足です。

幸いなことにルビーロマンには遅れ以外の悪影響はなかったため、無事に出荷時期を迎えて出荷量も増えてきました。

今回は収穫される前の、ルビーロマンの畑での最後の姿をお伝えします。

いきなりですが、前回緑色だったルビーロマンが……

IMG_9182.jpg

ここまで色付きました!これは翌日に出荷を控えた房の一つです。

ルビーロマンの特徴として「赤色系のぶどうの中では最大の粒径」というのがありますが、巨峰をはるかに上回る大きさは、何度も見ても見事としか言いようがありません。

巨峰も十分に大きいのですが、ルビーロマンを目にした後に見ると、こんなに小さかった?と思ってしまいます。それだけルビーロマンの粒は大きいのです。写真の房の様子からも、粒がぎっちりと実っているのがおわかりいただけると思います。

IMG_9188.jpg

今回の撮影にあたり、生産者の方にお願いをして特別に袋を外していただいていますが、そのときも粒に傷をつけないよう、慎重に慎重に袋を外していたのがとても印象的でした。

さて、この写真を見ると奥は透明な袋なのに、手前には白い袋が見えます。その理由は、収穫直前のこの段階にきてもひと手間かかっていて、色が十分に出ている房には日光を当てないように遮っているのです。

しかも、一つの房の中にも色付いている部分とまだ色が薄い部分があると、一部だけを隠すという手法も採られていました。最後まで手が掛かっていますね。

IMG_9199.jpg

畑の中には無数のルビーロマンが垂れています。

収穫はどのように行われているかというと、収穫の前日に目星をつけて、翌日の早朝に収穫するそうです。なぜ前日に目星をつけるのかというと、早朝の薄暗い中では色付き具合がはっきりとわからないので、前日の明るい時間にきっちりと見極めるためとのことでした。

そのため、収穫間際でも畑すべての房に目を通して手入れをし、出荷できそうかどうかの判断も同時に行っているそうです。

IMG_9189.jpg

よく見るとわかりますが、ルビーロマンの実はとても大粒なため、隣り合う粒同士が干渉しあって成長の段階で形が変化していきます。収穫間近になっても整形作業は欠かせません。

これまで6回にわたってお伝えしてきた作業の内容は、段階的に行うものもあれば、最初から最後までずっと続ける作業もあります。

ルビーロマンができるまでの様子を伝えるために始めた連載ですが、続けているうちに生産者の努力や苦労を少しでも伝えたいという気持ちが生まれました。ただ高いだけのぶどうではない、見えないところでこれだけの手間がかけられて初めて出来上がるぶどうが「ルビーロマン」なのだということを、少しでお伝えできていたらと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。


数多くのルビーロマンを取り扱っている堀他では、現在ルビーロマンを販売中です。

お世話になった方への御礼や、大切な方への贈り物としてぜひご利用ください。のし、包装の対応もいたします。

予約はお電話、メール、オンラインショップにて受け付けております。

電話でのご注文

堀他 本社・配送センター

TEL: 076-221-0308 (受付時間: 日曜、水曜、祝日を除く09:00~17:00)

* 「ルビーロマンを買いたい」とお伝えください。担当におつなぎいたします。

メールでのご注文

お問合せフォーム または info@horita1878.com までご連絡ください。

オンラインショップでのご注文

ルビーロマンの販売ページ からどうぞ。クレジットカード、各種電子マネーもご利用いただけます。